あのダイソンがレイコップへ、いや布団専用クリナー全てに対し宣戦布告!!

レイコップを超えたのか?ダイソンDC61が布団専用クリナー界に殴り込み

 

最近、ダイソンDC61のCMで
衝撃的な内容のキャッチコピーが使われています!!

 

 

ダイソンハンディ掃除機DC61

 

 

皆さんは、もうご覧になりましたかね!?

 

 

 

キャッチコピーの何が衝撃的なのかと言うと、
ダイソンDC61は布団専用掃除機よりも
アレルゲン物質を除去する性能に優れている的な事を
堂々と宣言しているんです。

 

 

ダイソンDC61のキャッチコピー

 

『ダイソンDC61は、
    布団クリーナーの4倍の
        アレルゲンを取り除きます』

 

 

 

このキャッチコピーは、かなり思い切った内容だと思いませんか!?

 

 

布団専用クリーナーよりも優れている事をアピールするにしても、
4倍の効果を持つなんて言い過ぎのような気もしますが、
あのダイソンが言うと、
まんざら嘘とも思えないのが凄いと思いません(笑)

 

 

 

ダイソンのホームページに掲載されている
布団専用クリーナーとDC61とのアレルゲン除去性能を比較したデータが
以下のグラフとなります。

 

ダイソンDC61アレルゲン除去データ

 

 

実際に比較された布団専用クリーナーが、どのメーカーのどのモデルなのかは解りません。

 

しかし、ダイソンのホームページではこの様な事が書かれてました。

 

ダイソンDC61との比較に使った布団専用クリーナーは、
布団専用クリーナーの売上上位5機種を使用。
(2013年6〜11月の期間で調査した独立調査会社のデータに基づく)

 

 

この売上の調査期間が微妙で、
レイコップRS300Jの一般発売は、2013年10月なんですよね。

 

 

 

それから考えると、恐らくはレイコップRS300Jは比較対象からは
外れていると思われます。

 

 

しかし、レイコップスマートBK200Jは含まれていると考えて
間違いないでしょう!!

 

 

 

そうなると、RS300Jとの比較を実際に行ったとしても、
その差は少なからず縮まるでしょう!!
しかし、それでもアレルゲンの除去能力はDC61が勝っているのでしょうね。

 

 

 

布団のアレルゲン除去にはダイソンDC61を購入した方が良いのか?

 

では、布団に潜むアレルゲン物質を確実に取り除きたいなら
単純にダイソンDC61を購入すれば良いのでしょうか!?

 

 

 

イヤ!私は、そんな単純な事ではないと思っています。

 

 

 

確かに、ダイソンDC61はレイコップパナソニックLGなどの
布団専用クリーナーに比べて
何倍ものアレルゲン除去能力を持ち合わせているのでしょう。

 

 

 

しかし、冷静になって考えてもらいたいのです!!

 

 

 

レイコップやパナソニック・LGなどのメーカーが掲げている
データを思い出してみて下さい。

 

 

 

何て言ってました!?

 

 

 

そうですよね!アレルゲン物質の除去能力は99%以上
の数値を掲げていましたよね♪♪

 

 

 

主要な布団専用クリーナーは、そのほとんどが上記の数値を
掲げられています。

 

 

 

では、ここで質問です。

 

99%以上のアレルゲン除去性能を持つ布団専用クリーナーの

4倍のアレルゲン除去性能とはどの位の数値となるのでしょう?

私の知識では正確な数値を算出できませんが、
単純に考えても100%に極めて近い数値にはなるのでしょう。
(比率に詳しい方は、是非計算して見て下さい)

 

 

でも、よ〜く考えて見ると100%に届いていない
1%の差を埋めているだけにすぎませんよね!?

 

 

最終的には、ユーザーがその1%をどこまで重要視されるのか?
それによりダイソンDC61を購入するか、布団専用クリーナーにするのか
決定する目安になると思います。

 

 

 

ふとん専用のクリーナーが選ばれている最大の理由!!

 

これは、レイコップのふとん専用クリーナだけではなくて他社のふとん専用クリーナーを購入されたユーザーの方も含めての話です。

 

 

ふとん専用のクリーナーを購入された方に購入の理由を聞いてみたところ、理由の1つとして【普段使っている掃除機で布団を掃除するのは否衛生的だから、除菌もできる専用の掃除機を購入しました』と答えられる方が多いんです。

 

 

確かに言われてみるとそうですよね!!
いろんなところを掃除した物で布団や枕を掃除するのはちょっと抵抗ありますよね(笑)


 

 

ここまでで私が言えるのは、少しでも安く済ませたいなら、
布団専用クリーナーをお勧めします。

 

 

一方、ご自宅にハンディタイプの掃除機を持たない方が
布団の掃除ができる掃除機を購入されるなら
迷わずダイソンDC61をお勧めします。

 

 

価格はふとん専用掃除機よりも高価となりますが、
ダイソンの吸引力をもって、
ハンディクリーナーとしても使用できるのですから
多少の価格差は十分元が取れるのではないでしょうか♪♪

 

 

 

布団のアレルゲン除去にダイソンDC61の購入を考えている方は、
こちらから楽天市場の最安価格が確認出来ます。

 

 

ダイソンDC61楽天市場最安価格

 

 

 

 

レイコップRS300J欠点メリット

 

関連ページ

レイコップふとん専用ダニクリーナー類似した製品を検証 【アトケアEP760】編
すでにレイコップふとん専用ダニクリーナーを購入された方も、これから購入されようとしている方も是非確認しておいて下さい。 こちらでは、レイコップ公式ストアより提供されている【RS-300J】・【BK-200J】用の消耗品&オプション品の案内をしています。 特に消耗品はレイコップ社でも定期交換が推奨されていますし、交換されないと故障の原因となりますので事前に購入される事をオススメします。
パナソニックのふとん掃除機の評価は?
レイコップ・LGと韓国メーカーに独占されているふとん専用掃除機市場に、日本の老舗家電メーカーのパナソニックが参戦!! 日本のユーザーがふとん掃除機に何を求めているか?は日本のメーカーが一番理解しています。 日本での使用に1番マッチしたふとん専用掃除機は、パナソニックふとん掃除機【MC-DF100C】でしょう!!
叩きだし効果No.1 LG布団パンチクリーナー
LGより、全く新しい発想から生まれたふとんクリーナーが発売されました。 LGふとんパンチクリーナー【VH9201DSW】は、ふとんクリナーとして初めてとなるコードレスタイプとなっており、取り回しの良ふとんクリナーです。
LGふとんパンチクリーナーの注目度アップ
レイコップの最大のライバルとなるであろうLGふとんパンチクリーナーの注目度が上昇しています。 あの大手家電量販店であるビッグカメラでもLGふとんパンチクリーナーを紹介する動画がYouTubeにアップされており、販売に力を入れ始めてます。
【ふとんパンチクリーナー】の実機を確認
【LGふとんパンチクリーナー】の実機を家電量販店で試してみると意外な結果が!? レイコップRS300Jとの性能比較や意外な評価結果が知りたい方は見て下さい。 意外な結果とは欠点?それとも高評価?
ジャパネットたかた限定レイコップの性能
ペットと同居される方のためのレイコップが登場!!レイコップふとんクリーナーの主力モデルは、スマートからRS300Jへと完全に移行した感じですが、あのジャパネットたかたから、オリジナルモデルのレイコップRT-300Jが新発売となりました。 このジャパネットたかたモデルのレイコップは、形も機能もレイコップの標準モデルとは全く異なっていて、レイコップの新モデルと捉えられる仕様となっていました!!

 
レイコップ最新モデル レイコップRSの弱点・欠点 レイコップ使用レポート レイコップ人気の理由